« 不登校を考える ゆったりお茶会 | トップページ | 奄美大島と田中一村 »

2010年2月13日 (土)

奄美大島と田中一村

田中一村に出会う旅はすばらしかった。

田中一村の美術館でアダンの木、くわずいもとソテツ本物を見れてしあわせだった。アダンの木は海辺がすばらしく、静かな残照の中のたたずまいがが神を感ずる。クワズイモとソテツもすばらしい。この絵も海が描かれていた。

苦しい生活の中で描きたい絵を描く人生。その生き様は魅了する。そしてその中で描かれた気迫と祈りの絵。

しばらくその感動の中に入っていたい。

一村の歩いた道一村のスケッチしたところ、一村の住んでいた家、そして描いた植物との出会い。自分の中にいろいろなものがつながりとても豊かな気持ちになった。私の生きる道の中で新しい道しるべとなるたびだった。

|

« 不登校を考える ゆったりお茶会 | トップページ | 奄美大島と田中一村 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奄美大島と田中一村:

« 不登校を考える ゆったりお茶会 | トップページ | 奄美大島と田中一村 »